雛人形の通販ならここ
経済産業大臣指定、伝統的工芸品。
一度、真多呂人形をご覧下さい。

百段雛まつり 目黒雅叙園

目黒雅叙園で、「百段雛まつり 近江・美濃・飛騨ひな紀行」が行われています。

開催期間は2018年1月19日(金)~3月11日(日)。

館内にある東京都指定有形文化財「百段階段」にて行われています。

百段雛まつりはこれまでに8回開催されており、今回が9回目。

延べ47万人の来場者数を記録した都内最大級の雛人形展となります。

2018年は近江・美濃・飛騨地域のお雛さまがテーマで、岐阜県と滋賀県の2県9地域より約500体の人形が揃っているようです。

近江八幡や日野の旧家に伝わる、約6畳分もの広さを要する大型の御殿飾り
砂千代姫(彦根藩主 井伊直弼の七女)の古今雛と雛道具
など。

御殿飾りというのは、京都御所・紫宸殿(ししんでん)を模した御殿の中に雛人形を飾る形式です。

【百段雛まつり 近江・美濃・飛騨ひな紀行】
■開催期間:2018年1月19日(金)~2018年3月11日(日) 会期中無休
■開催時間:10:00~17:00(最終入館16:30)
■入場料 :1,500円(前売券1,200円、学生800円)※小学生以下無料
■会場  :ホテル雅叙園東京内 東京都指定有形文化財「百段階段」
      (東京都目黒区下目黒1-8-1)

https://www.atpress.ne.jp/news/148132

ちなみに、目黒雅叙園の百段階段は実際には99段。

なぜそうなっているのかには、
★未完成で、まだ発展できるとの意味を込めている
★奇数が縁起が良いから
といった説があります。

タグ

2018年2月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:雛人形 その他

このページの先頭へ