雛人形の通販ならここ
経済産業大臣指定、伝統的工芸品。
一度、真多呂人形をご覧下さい。

ひな人形で政治・歴史を教える

歴史学者の磯田道史さん。

武士の家計簿 「加賀藩御算用者」の幕末維新
などを書かれたり、メディアに多数出演するなど新進気鋭の学者さんです。

その磯田さん、ひな人形を使って、お子さんに政治や歴史を教えることがあるようです。

そう書くと、おとぎ話のような、ちょっとメルヘンの世界がイメージされたりするのではないでしょうか。

でも、そういう感じではなく、もっと生々しいもの。

どういうものかというと、逆さま雛人形

畏れ多いことだけれど、刀を持った武士の人形を上にして、お内裏様たちを下にして見せることがあるようです。

通常はお内裏様たちが上で、武士たちは下のほうにいます。

しかし、これが自動的にそうなるものだと思ってはいけない。

武士が一番上になり、他のひな人形たちを下にする。

これは、武力を持って他のものに言うことを聞かせる(支配する)という事態を表します。

その状態を見せて、「こういう事態は歴史には起こり得る」「実際に起きている」といったことを教えていらっしゃるようです。

ご自身のお子さんが3歳とか5歳のときからやっていらっしゃるとか。

お内裏様たちが一番上で、武士たちが下にいる構図は、秩序だった安定している世界。

それは、いつも自動的にそうなるものとは限らない、という教えですね。

雛壇飾りを使ってそんなことを考える(やっている)人がいるとは・・・

さすが歴史学者だとも思いますが、面白いものですね。

タグ

2018年4月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:雛人形 その他

百段雛まつり 目黒雅叙園

目黒雅叙園で、「百段雛まつり 近江・美濃・飛騨ひな紀行」が行われています。

開催期間は2018年1月19日(金)~3月11日(日)。

館内にある東京都指定有形文化財「百段階段」にて行われています。

百段雛まつりはこれまでに8回開催されており、今回が9回目。

延べ47万人の来場者数を記録した都内最大級の雛人形展となります。

2018年は近江・美濃・飛騨地域のお雛さまがテーマで、岐阜県と滋賀県の2県9地域より約500体の人形が揃っているようです。

近江八幡や日野の旧家に伝わる、約6畳分もの広さを要する大型の御殿飾り
砂千代姫(彦根藩主 井伊直弼の七女)の古今雛と雛道具
など。

御殿飾りというのは、京都御所・紫宸殿(ししんでん)を模した御殿の中に雛人形を飾る形式です。

【百段雛まつり 近江・美濃・飛騨ひな紀行】
■開催期間:2018年1月19日(金)~2018年3月11日(日) 会期中無休
■開催時間:10:00~17:00(最終入館16:30)
■入場料 :1,500円(前売券1,200円、学生800円)※小学生以下無料
■会場  :ホテル雅叙園東京内 東京都指定有形文化財「百段階段」
      (東京都目黒区下目黒1-8-1)

https://www.atpress.ne.jp/news/148132

ちなみに、目黒雅叙園の百段階段は実際には99段。

なぜそうなっているのかには、
★未完成で、まだ発展できるとの意味を込めている
★奇数が縁起が良いから
といった説があります。

タグ

2018年2月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:雛人形 その他

サシ呑み雛人形

向かい合わせでお座りになっている、男性様とお雛様の写真ツイート。

その発想はなかった・・・

さすが、子供の頭は柔軟ですね。

大人になると、雛人形の構図がもう頭の中に出来上がってしまっていて、なかなかこうはいかなさそう。

しかし、夫婦仲睦まじそうな感じが伝わってきて、いい作品?になっているじゃないか。

ちなみに、上記の雛人形は女優作家・木村一秀先生デザインのもののようです。

こちら↓なのではないかと。

雛人形[一秀作江戸木目込み人形平飾り][2人]スタイリッシュ

タグ

2017年2月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:雛人形 その他

このページの先頭へ